幸せの感度を上げるヨガ&セラピー

Happinessを感じられる自分になる

仕事、楽しくないですか?

週末が遠く感じますか?

将来のこと、不安ですか?

漠然とした寂しさ、抱えていますか?

未来に希望、持てていますか?

いま、幸せを感じていますか?

たとえ、今この瞬間、気分が落ち込んでいて、心が塞ぎ込んでいたとしても、大丈夫。

幸せを感じ取るセンサーは、自分で磨くことができます。

痛みを我慢しつづけると、幸せの感度も下がる

あなたは、どんなことを我慢していますか?

つらい状態を続けるのは、苦痛にさらされ続けているのと同じこと。

苦痛を感じないように、自分を守ろうとして私たちの感覚は何も感じないように麻痺してきます。

そうして、幸せも感じ取りにくくなってしまうのです。

そうなると、日常が色あせて見え、外部の刺激で紛らわせようとしたり、より強い刺激を求めるようになっていきます。

どれだけ美味しいものを食べても、どれだけ人と出会っても、どこに旅行へ行こうとも、
満たされるのは一時だけ。

本当の心の奥底は満たされていない感覚のまま。

自分自身を、見つめてあげよう

自分は何が好きで、何が嫌いで、どんなことに苦痛を感じたり、幸せを感じるのか?

どんな価値観を持っていて、今、自分は何を感じているのか?

心も、思考も、体の感覚も、自分で自分を知ってあげることが、
何よりも大切です。

自分を大切にするって、物欲を満たすことでも、わがままに生きることでもない。

自分の内側の奥の奥の方から発している、サインをきちんと感じ取ってあげること。

自分で自分を苦しめる価値観や思い込みは、ちゃんと手放していけるから。

そのためにも、自分の内側へと感覚を向けて、見つめていく必要があります。

幸せな日常は、自分で作ることができる

いきなりすべてが解決して、もう辛いことが起きない、幸せだけの日常。

その日常は、きっと訪れない。

けれど、つらいことが起きたとしても、きちんと向き合って、
ちゃんと前に進んでいける自分になれる。

その一つ一つが、自分をさらに幸せにしてくれるのだから。

つらいことも、感じる。

その分、幸せもめいっぱい感じられるようになる。

過去に感謝し、未来が輝いて見える。

日常が愛おしくなる。

その世界は、自分で作ることができる。

ヨガやセラピーは、そのためにあるのだから。